×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ランクル(ランドクルーザー)について。主に70系が中心です

ランドクルーザーの歴史

4WD車の王者と言えるランドクルーザーの歴史。

トヨタのランドクルーザーの歴史は長く、1951年に「トヨタジープBJ」と言う名称で目的は警察のパトロールカーとして誕生しました。

今回のランドクルーザー200で9代目となりますが、自動車生産の最新技術をその都度搭載し、毎モデル満足できる仕様となっています。

今やランドクルーザーは世界トップクラスのSUVである事は誰もが認める所でしょう。

 

ランドクルーザーは長い歴史で培ったネームバリューと、最高級のSUVとして重厚感の漂うボディーから、ユーザーに与えるそのインパクトは決して衰えません。

今回モデルチェンジされたランドクルーザー200も最新機能を盛り込み、又、快適性も安全性もグレードアップして誕生しています。

オフロード走行面も、その長い歴史で築き上げた車両の強度、耐久性、信頼性を更に進化させ、世界最高峰の動力性能を搭載しています。

 

前モデルとなるランクル100より若干のボディーサイズ拡大をしており、室内長は従来比175mmの延長が施されています。

特にそれぞれの座席の空間にゆとりが感じられる事でしょう。

室内長はフロントピラーを前出したキャビンフォワードによって延長が可能となり、ユーザーに評価の高いボディーサイズを変えることなく、キャビンのゆとりを拡大できています。

オンロード性能も高級車に劣ることなく、乗用車から乗り換えたユーザーでも違和感を感ずることは無いでしょう。

ランドクルーザーの歴史関連エントリー

スポンサード リンク