×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

身長を伸ばす方法。大人・中学生等で確実に伸ばす方法は?

背を伸ばすにはタンパク質

背を伸ばすために必要な栄養は?と聞かれたら、「カルシウム!」と答える人が多いかもしれませんね。
よく「背を伸ばすために牛乳を飲もう」と言われてせっせと毎日飲んでいる話を聞きますが、牛乳と聞くとやはり浮かんでくるのはカルシウムですからね。

 

しかし背を伸ばすためにもっとも重要な栄養素はタンパク質なのです。
身長を伸ばすということは、骨を伸ばすことを意味します。

タンパク質は骨や筋肉の原料となって骨を大きくし、身長の伸びに重要な成長ホルモンの分泌を促す働きも持っています。
それに対してカルシウムは骨を丈夫にする役割を持っています。

タンパク質もカルシウムもどちらも成長には欠かせないのですが、身長を伸ばす栄養素は?と考えたときに第一にはタンパク質であると言えるのです。

 

成長期の子どもは、大人よりもたくさんのタンパク質を必要とします。
1日に必要なタンパク質量を見てみると、成人が60〜80グラムなのに対して小学生では55〜75グラム、思春期では75〜90グラムが必要です。

子どもはからだが小さいわりに、その成長のためにたくさんのタンパク質を必要としているのです。
もともとタンパク質の不足している子が十分なタンパク質を摂るように心がけると、背の伸びはよくなるでしょう。

しかし何事も適量が大切。
大量に摂りすぎると肥満や体外へのカルシウム排出量が増える原因にもなってしまいます。

必要以上にとることなく、適量を意識しましょう。
またひとつの食品に偏らず、栄養はさまざまな食品から摂取することが大切です。

スポンサード リンク

背を伸ばすにはタンパク質関連エントリー