×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ランクル(ランドクルーザー)について。主に70系が中心です

ランドクルーザー40の魅力

「ランドクルーザー」の名を世界に知らしめた40系。

「ヨンマル」や「フォーティー」と言った愛称で親しまれるモデルは、1960年から1984年までモデルライフを24年間も続けました。

生産終了してから現在に至るまで、様々なフルモデルチェンジが行われましたが、未だに中古車市場での需要は高く、又、カスタマイズする楽しさもあり、「ヨンマル」オーナーになりたい方は数多くいらっしゃいます。

 

ランドクルーザー40は、モデルライフ中に4回マイナーチェンジをしていますが、第1期は1960年、2期は1967年、3期は1979年、4期は1980年となっています。

当然、自動車技術の発達により、当時の最新テクノロジーをその都度織込み、進化しています。

第4期の40は、次期モデルのランドクルーザー60のエンジン、ブレーキなど共通化されています。

 

皆さんご存知でしょうが、その後ランクルは70、80、100、200と技術力の発展と同時にモデルチェンジしつづけていますが、まさに4WDの王者、SUVの最高級車として不動の地位を築き上げてきました。

 

古い車なので燃費が気になる、と言う声も多い様ですが、近年は燃費向上キットも販売されていますので、大丈夫な様です。

ランクル40が欲しいと言う方は、そのデザインに惚れているので燃費なんか気にしないですね。

中古車市場でもなかなか手に入り難いランクル40ですが、根気良く探せば、気に入った1台が見つかるのではないでしょうか。

ランドクルーザー40の魅力関連エントリー

スポンサード リンク